かがやけ☆あいちサスティナ研究所では、本年6月の開所式以降、研究員である大学生40名がパートナー企業10社から提示された環境課題に対して、解決策を検討しています。

この度、その研究成果を発表する「成果発表会2019」を12月15日(日)午後1時から開催します。主な内容は以下のとおりです

 

 仝Φ羂10チームによる研究成果プレゼンテーション

 研究員に修了証の授与

 最優秀賞等の各賞の選考・発表・表彰

 

なお、本成果発表会は「第8回 愛知学長懇話会SDGsリレーシンポジウム」に位置付けられています。参加は無料ですが、事前申込みが必要です。多くの皆様の参加をお待ちしています。

 

1 日時

  2019年12月15日(日) 午後1時から午後5時まで    (開場 午後0時30分)

 

2 場所

  愛知学院大学 名城公園キャンパス キャッスルホール「明倫」

  (名古屋市北区名城3−1−1)

   地下鉄名城線名城公園駅下車 2番出口から徒歩約1分

 

3 参加募集について

 ・募集期間 2019年11月5日(火)から12月12日(木)まで(必着)

  ・募集人数 230名(要事前申込み、申込み先着順) 

   ・参加費  無料 

   ・応募方法 Eメール、はがき又はFAX

    【記入事項】氏名(ふりがな)、電話番号又はEメールアドレス、参加人数

    【応募先】Eメール:kagayake@think-pp.co.jp

    はがき:〒460-0002 名古屋市中区丸の内2-8-30 竹中ビル4F

          (株)シンク内 かがやけ☆あいちサスティナ研究所事務局  

    FAX:052-203-8634

   ※応募者多数により参加いただけない場合は御連絡します。

 

  ★募集チラシダウンロードはコチラ⇒http://sustaina.but.jp/A4_1030.pdf

 4 スケジュール

時間 内容
12:30 開場
13:00

開会

13:15〜16:00

研究成果発表会 

10チームの研究成果プレゼンテーション

16:00〜16:30

休憩 

審査・来場者全員による投票

16:30〜17:00

修了式及び表彰式

 所長の大村知事(予定)による修了証授与、激励コメント

 研究員代表によるあいさつ

 各賞の発表・表彰

17:00 終了

※原則、途中入場はできませんので、開会までにはご着席下さい。

 

5 主な参加者

 ・研究所所長 大村知事(予定)

 ・研究員   大学生40名(公募により21大学から参加)

 ・パートナー企業10社の代表者等

螳貌1燹花王蝓∪竸絅魯Ε広蝓東京海上日動火災保険蝓東レ蝓

凸版印刷蝓▲肇茱深崑劉蝓中日本高速道路蝓

三井不動産商業マネジメント蠅蕕蕕檗爾般掌轍阿澆覆肇▲ルス、螢瓮縫灰

 ・大学生の研究活動をサポートするファシリテーター10名

 ・一般参加者230名(今回募集)

 

参考1 かがやけ☆あいちサスティナ研究所

愛知県では、未来のあいちの担い手となる大学生が、グローバルな視点を持って、継続的にエコアクションを実施することを目的に、2015年度から大学生向けの「人づくり」プログラムとして研究所の活動を推進しています。

研究所では、大村知事が所長となり、研究員である大学生40名が、4名ごとに10チームに分かれ、パートナー企業10社から提示された研究課題に対して、現場での調査や企業担当者の方とのディスカッションを通して、解決策を企業側に提案するとともに、その成果を広く発信します。

【2019年度のパートナー企業と研究課題一覧

パートナー企業 研究課題
株式会社伊藤園 「お茶で愛知を美しく。」環境活動を広げる方策を検討
花王株式会社 花王商品を通じて、生活者の環境意識を高める啓発方法を検討
積水ハウス株式会社 人生100年時代を見据えた幸せな「わが家☆わが街」を検討
東京海上日動火災保険株式会社 「地球の未来にかける保険・サービス」を検討
東レ株式会社 東レのSDGsの取組を子どもたちに楽しく伝える授業を検討
凸版印刷株式会社 SDGs達成に向けた未来の「環境配慮型パッケージ」を検討
トヨタ車体株式会社 事業者による多様な主体と連携・協働した環境学習等の普及策を検討
中日本高速道路株式会社 2030年における高速道路の環境に配慮した取組を検討

三井不動産商業マネジメント株式会社

ららぽーと名古屋みなとアクルス

ららぽーとを拠点としたお客様参加型の環境イベントを検討
株式会社メニコン 「人にも動物にも環境にも優しい」メニコンの施策を検討

 

参考2 愛知学長懇話会SDGsリレーシンポジウム

愛知県内の50大学で構成する愛知学長懇話会では、2014年に愛知・名古屋で開催されたESDユネスコ世界会議の成果を継承するとともに、国連サミットで採択された持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けて、「愛知学長懇話会SDGsリレーシンポジウム」を2017年度から開催しています(昨年度までは、「愛知学長懇話会サステナビリティ・リレーシンポジウム」として開催)。

この趣旨に賛同し、「かがやけ☆あいちサスティナ研究所成果発表会」を昨年度に引き続き「愛知学長懇話会SDGsリレーシンポジウム」に位置付けて開催することとし、愛知学長懇話会と連携して多くの大学生の参加を呼びかけます。

 

 

チーム・ららぽーと

〇企業環境活動研究(2回目)

■実施日:2019年8月16日(金) ■会場:ららぽーと名古屋みなとアクルス会議室

■出席:研究員 4名 ファシリテーター 1名 パートナー企業担当 2名

 

今日からいよいよ研究課題である「ららぽーとを拠点としたお客様参加型の環境イベント」について具体的な話し合いを始めました。企画案を出すにあたり、まず私たちにとってサスティナブルとは何か、どんな社会を目指したいのか意見を出し合いました。私たちが目指す社会を実現するためには誰に何を伝えたいのかという根本的なところから話し合いを始め、イベントの規模、内容、ターゲットについては大まかな案が出揃いました。

本日もパートナー企業の関係者様にお立会い頂き、現場からの貴重な意見を頂きました。本日出た企画案をより具体的にして次回までに内容を詰めてこられるように個人でも情報収集などに努めていきたいと思います。

 

【活動の様子】

〇企業環境活動研究(3回目)

■実施日:2019年8月25日(日) ■会場:ららぽーと名古屋みなとアクルス 

■出席:研究員 4名 ファシリテーター 1名 パートナー企業担当 2名 愛知県担当 1名

 

,蕕蕕檗爾箸妊ぅ戰鵐箸鯆鶲討垢襪砲△燭蠹日開催していた名古屋商工会議所主催の「「モノ+ガタリ」オープン教室2019 おしごと・モノづくり体験授業」(出展者:三菱UFJ銀行、アイシングループ、東邦ガス、豊田自動織機、トヨタ自動車)見学および出展者へのインタビュー

⊂綉イベントの参加者とその保護者にインタビュー(イベントに参加したきっかけ及び感想、どのようなイベントが魅力的か)を行いました。

メンバー間で今回の活動内容における意見交換を行いました。

 

【活動の様子】

〇企業環境活動研究(4回目)

■実施日:2019年9月6日(金) ■会場:ららぽーと名古屋みなとアクルス 

■出席:研究員 4名 ファシリテーター 1名 パートナー企業担当 2名 愛知県担当 1名

 

.ャッチフレーズ、コンセプト、ターゲット、目的や具体案やそこで得られる成果の共有、決定

現状の進み具合の報告、今後の方向性をパートナー企業にプレゼンテーションを行いました。

パートナー企業からプレゼンテーションのフィードバックをもらいました。

きをうけ、今後の問題点、道筋についての話し合いを行いました。

 

【活動の様子】

〇自主ミーティング

■実施日:2019年9月10日(火) ■会場:電通名鉄コミュニケーションズ会議室

■出席:研究員 4名 ファシリテーター 1名 

 

時が経つのが早く、もう開所式から二ヶ月以上も経ちました。メンバーの性格や考え方などが把握できたものの、真剣に考えるあまり、互いの意見がぶつかり合うことも出てくるようにもなりました。

そんな中でも話し合いを重ねイベント案の方向性が決まりましたので、リーダーとしては少しだけほっとしています。しかし、発表まで時間が無いので、今回のチームミーティングではよりブラッシュアップできるように努めました。その結果、仮確定していた「コンセプト、パートナー企業のメリット、イベント案の具体化」などをメンバーで協力しながら煮詰めることが出来ました。今後のチームミーティングでも、さらに煮詰めていきたい思います。